飯豊連峰

エッセイの部屋

 

七月の飯豊連峰

ミヤマウスユキソウを求めて東北の山深い道を辿った…。それは…苛酷な暑さとの闘いだった…。そして、そこで出会ったものは、東北人の逞しさと、素朴さと、豪快さと、温かな心だった…。

HOME