ピパイロ岳

2008年7月5〜6日

炎天下の日高稜線は、激しいアップダウンを繰り返し、その頂きは遠かった。弱音を吐く僕を励ます隊長も、疲労の色は濃い…。

ENTER